女性

防犯砂利を使えば低コストで犯罪から身を守れる

知っておくべき防犯対策

砂利

下に敷くだけの防犯対策

一口に防犯対策といっても、防犯カメラの設置など様々な対策が考えられます。ですが防犯カメラを設置しようと思っても、いくつも設置するとお金がかかる、もしくはどこに設置したらいいかわからないなどの問題があげられます。そこで手軽にできる防犯対策の1つとして、砂利を利用する方法があります。砂利といっても普通のものではなく、踏むと音が鳴る防犯対策の砂利です。侵入者は、音を立てるのを嫌います。そこで足を踏み出すだけで音が鳴る砂利が足元にあると、侵入をやめるケースが多いのです。設置方法も下に敷くだけなので、手間もかかりません。防犯カメラだと設置に技術が必要となりますが、下に敷くだけの砂利なら専門的な知識も必要ありません。

コストと効果を考えよう

実際に防犯対策について考えるとき、忘れてはいけないのがコストの問題です。高い防犯効果が期待できるとしても、設置や管理に費用がかかると、大きな負担となります。例えば防犯カメラは設置に費用がかかるだけではなく、その後の管理にも費用がかかります。では防犯対策として、砂利を敷く場合はどのくらいの費用がかかるのでしょうか。砂利は最初に購入するための費用はかかりますが、その後の管理費用は必要ありません。つまりコストとしては、防犯カメラより砂利を設置するほうが安いのです。防犯対策では、コストと効果のバランスを考えて、どういった対策が適しているか考えていきましょう。砂利のように、お金をあまりかけなくてもできる対策を調べることも大切です。