警備員

防犯砂利を使えば低コストで犯罪から身を守れる

さりげなくきれいに

鍵と家

防犯用の玉砂利は家周りをお洒落に変身させることができます。美観がアップするだけではなく、不審者には侵入が困難な家であることをアピールできます。侵入が困難であれば犯罪を諦めるケースは良く知られているため、取り入れてみるのもいいでしょう。

空き巣などから家を守る

砂利

音に敏感を逆手に

空き巣などの犯人は、周りになじみやすいような恰好をして、素早く民家に侵入するのですが、人目につかないようにかなり気を付けています。しかし、ものすごく大きな音がしてしまい、人目についてしまうと、その時点で犯行をあきらめる可能性がとても大きいので、この心理を利用して防犯しましょう。家の周りに防犯砂利を敷いておくと空き巣などから狙われにくい家にきっとなるはずです。防犯砂利は、踏むとものすごく大きな音が出ますので、隣近所の人にも気付いてもらえるかもしれません。家に誰かがいる場合は、誰かが今、防犯砂利を踏んだとわかるはずです。大きな音が出ることで、犯人も驚くでしょうから、犯人が侵入しやすそうな場所を中心に敷くと良いでしょう。

家を防犯するために

もちろん、防犯砂利を利用する人の最大の目的は、家を空き巣などから守りたいのです。しかも、窓の下などに防犯砂利を敷くだけで防犯対策が完了しますので、あまり難しいことではありませんので、機械に弱い人も導入しやすいです。他にもいろいろな防犯対策を講じており、それらだけでも効果は期待できるけれど、より防犯対策を強化しようと思って、家の周りに防犯砂利を敷いておく場合も多いです。防犯グッズは複数組み合わせて使うと、より効果的でしょう。空き巣などの手口が巧妙になっていますし、大胆な犯行も多くなっています。だからこそ、大きな音が出る防犯砂利を使って犯人を自分の家に近寄らせないようにしたいと思って、使っている人がとても多いです。

知っておくべき防犯対策

砂利

踏むと音が鳴る砂利を下に敷き詰めることで、簡単に防犯対策が可能です。防犯カメラを設置すると、その後にも管理費用がかかります。砂利の場合には、購入した後は一切費用がかからず、少ないコストで防犯対策ができるのもポイントです。

侵入者を牽制するために

住宅

砂利を庭いじりにしか利用しないと考える方もいるでしょうが、現在では防犯対策にも使われています。ただし、普通の砂利ではなく、音が鳴りやすいように特殊な加工がされた砂利でなければいけませんので、興味があるなら間違えずに購入しましょう。